背中にきびに関する基礎知識、治療や予防に役立つ情報も提供していきます。
ホーム
運営者情報
リンク集
お問い合わせ
背中にきびの基礎知識
背中にきびの症状
背中にきびの跡
背中にきびケア化粧品
91パーセントの人が満足している背中にきび用のケア化粧品です。60日間の返金保証付きで安心です。
シュッとひと吹きで背中のニキビを予防できます。逆さで使えるので便利です。30日間の返金保証付き。

背中にきびの跡

背中にきびの症状が収まってもにきびの跡が残ってしまう場合があります。そのような時どうすればよいのか、背中にきびの跡の基礎知識や対策について知りましょう。

クレーター

背中にきびの症状が収まった後、月のクレーターのように陥没が残ってしまったり色素沈着が続くことをクレーターと言います。

クレーターは、背中にきびの症状の重さによって生まれるものです。
背中にきびでも炎症や化膿が深刻な場合は、皮膚組織の最下層にある真皮にまでダメージを与えてしまうことが多くあります。この真皮は、肌を適切な状態に再生する役割を担っているのですが、これが立ち直れないぐらい影響を受けるとクレーターのような不完全な皮膚ができてしまうのです。

クレーターは自然に治るということはまれで、スキンケアや日頃の対策では治癒がとても難しいとされています。背中にきびは自分ではなかなか見えない箇所だけについケアを怠りがちですが、クレーターができるまで放置しないようにしましょう。

色素沈着

背中にきびの炎症がひどいものだった場合、皮膚組織がダメージを受けて失われ、色素沈着として残ることがあります。炎症によって色素細胞が活性化することで、背中にきびの跡がしみになってしまいます。

もちろん、背中にきびになったら最後はすべて色素沈着してしまうわけではありません。日頃から予防に気を使ったり、背中にきびの症状が現れたら早めにケアをすることで色素沈着をなくしたり減らすことができます。

また、紫外線に当たるとさらに色素沈着を促進させることもありますので注意しましょう。

治療

背中にきびの跡について治療法としては、「イオン導入」と「レチノイン酸」による治療が知られています。 イオン導入を取り入れた治療法は、にきび跡にイオンを導入することで高濃度ビタミンC誘導体を浸透させます。大量のビタミンCがメラニンの生成を抑制することで、背中にきびのクレーターや色素沈着をはじめしみやしわが改善されるものです。

一方、レチノイン酸で治療する方法は、ビタミンA誘導体の一種であるレチノイン酸を使うことで肌のターンオーバーを活性化させる効果を狙ったものです。肌の健康に大切なコラーゲンも生成を促進させてくれるので、背中にきびの皮膚そのものをボトムアップしてくれるのです。

対策

背中にきびの跡を残さないようにするためには、肌の健康に役立つビタミンAやビタミンCをサプリメントで積極的に摂取したり、皮脂の過剰分泌の原因となる脂質を控えるといった日頃の心がけが大切です。